Tag: ガレリア御堂原

17
Mar

Galleria Midobaruの上質ステイで特別な時間を満喫

桜の季節ももう目の前。早春の大分・九州へ足を運んでみませんか? Galleria Midobaruは国内では珍しい、アートを楽しみながら宿泊できる体験型のホテルです。 また、ホテルの内装や外観だけでなく、客室もこだわりをもってデザインされています。ゲストの皆様がラグジュアリーに、思う存分リラックスできるよう選ばれた家具類や建材、そして動線などに配慮してデザインされた上質な空間の数々。今回はその中でも、オーシャンビューをたっぷりとお楽しみいただけるデラックスツインをご紹介します。   洗練されつつも温かみを感じるスタイリッシュな空間 一歩、部屋に足を踏み入れると、無垢のフローリング材が醸し出すふわりと温かい空気がゲストをやさしくお迎えします。お部屋履きもご用意しておりますが、そのままのほうが木の温かみを感じられると、裸足で過ごされる方も少なくありません。寒い季節には、ゲストの皆様にホッとしていただきたいという思いから、暖房をすでに入れた状態でお部屋にご案内しています。また、お部屋に入った瞬間に、半露天風呂温泉から滴る水の音が聞こえてきます。ラグジュアリーステイへの期待が高まる瞬間です。広々としたお部屋に置かれているのは、心地よい眠りを誘う二つのベッドと、ベッドとしても使用ができるソファー。ゆったりと足を伸ばせるこのソファーはベランダサイドの窓際に置かれています。 こちらがそのソファー。洗練されたデザインでスタイリッシュに仕上がっています。   快適に過ごすためのツール類 テレビの横には、このようにリモコン等、各種操作機器類を設置しています。 こちらのスマートフォンで内線電話が可能です。フロントへのご連絡や各お部屋との通話にご利用いただけます。ちなみに、こちらのQRコードを読み取ると、The Peakへルームサービスのオーダーができるようになっています。ぜひ、ご活用ください。 洗面所の後ろには、サービスのミネラルウォーターのペットボトルとティッシュを配置しています。   朝晩で異なる景色や雰囲気を楽しむ 夜はこんな雰囲気。別府市内の街明かりを楽しめます。また、壁には味のある貝灰漆喰を使用しており、床も木のぬくもりを感じられるフローリング材を採用していますので、お部屋全体が温かく優しい雰囲気に仕上がっているのがお分かりいただけますでしょうか? 貝灰漆喰とは、かつては城や、家屋の内装、外装にも採用されていたもので通常の漆喰よりも穏やかで落ち着いた雰囲気に仕上がります。左官職人の手仕事でもあったそうですよ。光のあたり具合で何とも言えないいい味を出してくれます。 朝にはこんな景色をお楽しみいただけます。朝早く起きて、温かい紅茶やコーヒーを片手に別府湾や市内の街並みを眺めながら、優雅な時間をお過ごしください。また、光が当たることで家具やお部屋の雰囲気がガラリと変わり、夜とは違った雰囲気もお楽しみいただけるかと思います。   部屋付きの半露天風呂で過ごす贅沢時間 部屋付きの半露天風呂のお湯は、かけ流しタイプの温泉で、常時、新鮮なお湯を楽しむことができます。浴室のタイルには美濃焼が贅沢に使用され、大きな石をくりぬいて作られた浴槽とこちらの泉質との相性も良好です。源泉は江戸時代から湯治客に広く愛されてきた堀田温泉で、冷え性や、疲労回復、ストレス軽減、また各種皮膚炎にも良いといわれている硫黄泉です。体の芯から温まりますよ。 別府の景色を眺めながら、露天風呂で最高のひと時をお楽しみください。また、浴槽の蓋はひのきから作られており、3枚に分かれています。一枚だけ外し、浴槽につかりながらの読書など自分時間を楽しめるようにもなっています。どうぞあなただけの楽しみ方を見つけてみてください。 隣接のシャワールームには、天井から落ちてくるタイプと、通常の手で持つタイプ、二つのシャワーをご用意しています。また、温泉熱を使用したシャワー給湯システムを採用し、環境にも配慮しています。   より豊かな時間を過ごしていただくために 肌触りが良いと好評をいただいているガレリア御堂原のリネン類。 ハンガー下の引き出しの中にはバスローブやパジャマもご用意しております。温泉上がりの火照った身体をやさしく包み込んでくれることでしょう。 また、ワイングラス、ドリンク用のグラス、各種アメニティーの他、冷蔵庫の中に様々なドリンク類、そして有料となりますが、シャンパンやスナック類もご用意しております。ホットドリンクをお楽しみいただけるよう湯沸かしポットも完備しています。 優しく包みこむフカフカ枕の上には宇宙を感じさせる不思議なアート。こちらの作品は、果てしなく不確かな現実世界を、私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している、アーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文らを中心とした現代芸術活動チーム「目」によるもの。夢の中で、宇宙空間を漂うような、何とも言えない心地よさを感じられるかもしれませんね。棒人間がかわいいというご感想をいただいたこともあります。(笑) ベッドサイドにはメモ帳とBluetoothスピーカーをご用意しています。 ご自身の携帯とBluetoothで繋げて音楽などを聴くことができます。 防水となっていますので、お風呂のそばまで持ち込んで音楽を聴いたり、テラスで楽しんだりと楽しみ方は十人十色。どうぞご自由にお使いください。 また、就寝中に安心して充電していただけるよう、ベッドまわりのコンセント類もしっかりとご用意しています。 Wi-Fiは客室用とGalleria Midobaruの館内専用があります。 客室専用のWi-Fiについては、部屋ごとにパスワードを入力して接続するようになっています。詳しくはご宿泊時にフロントまでお問い合わせください。 日々、頑張る自分にご褒美を… ぜひ、ガレリア御堂原で心豊かで上質な時間をお過ごしください。   住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU 電話番号:050-5871-3499(予約専用)・050-3189-0303(問合せ先) 公式HP:https://beppu-galleria-midobaru.jp/

16
Feb

Galleria Midobaru “The Peak” で楽しむ、お子様との豊かなディナータイム

春の訪れを目前に、そろそろ旅の計画をお考えの方も増えてきているのではないでしょうか?気ままな自由旅はもちろんのこと、お子さんとご一緒の、のんびり旅もまた楽しいものです。中でも、その土地の食材をいただくことは、旅先での大きな楽しみの一つではないでしょうか? 食べ歩きをしたり、有名な食事処へ行ったり、あるいはその土地の特産物を楽しんだりと、様々な楽しみ方がありますね。 そこで今回は、アートに浸りながら、地元大分九州の新鮮な食材で作られた品々に舌鼓が打てる、Galleria Midobaruのレストラン「The Peak」でのお子様との特別な時間の楽しみ方についてお伝えします。   ディナーメニューについて コースとアラカルトをご用意していますが、今回はこちらのコースを中心にご紹介します。 ※なお、お子様にはお子様ディナープレートのご用意が可能です。詳しくはご予約時にお問い合わせください。   地元大分の食材を目でも楽しむ オーダーいただいたドリンクに続いて、前菜をお持ちします。 時折、食材についてお尋ねくださるお客様がいらっしゃいます。そういった場合は、このようなスタイルでご紹介させていただくこともあります。「The Peak」で取り扱っている、季節によって変わる大分ならではの色とりどりの野菜は、味はもちろん目でも楽しむことができます。   裏メニュー?!密かに人気の“お子様プレート” 事前にご予約いただければ、お子様プレートも追加可能です。 夕食は和牛ミートドリア・ポテト・自家製デザートのプレートに、選べるジュース。 贅沢に和牛を使った特製ミートソースのドリアはアラカルトでも注文でき、おひとり様はもちろん、お2人、ご家族でシェアしてもお楽しみいただけます。 お子様にも安心して召し上がってほしいというシェフの想いから手作りにこだわり、多くのお子様が残さず食べてくれるとても好評な一品です。 朝食はミニオムレツ・ポテト・ソーセージ・フルーツ・ミルクパン・ジュースの大満足なセット。 大人のブレックファストメニューにも負けないボリュームがあり、夕食朝食共に小学校中学年ごろのお子様ぐらいまで満足していただけますよ。 ジュースはオレンジ・アップル・ピンクグァバからお好きなものを。 プレートをご注文頂いたお客様にはもちろんのこと、そうでないお子様にも無料提供しております。お気軽にお声がけください。隠れメニューとなってはいますが、シェフが腕によりをかけて提供するお子様プレートは、実は大人も唸る仕上がりで、隠れた人気となっています。   染み渡る“白葱のポタージュ”を“味変”させながら楽しむ さて、大人のお料理へと戻ります。 いろどり豊か、味わい豊かな前菜でお楽しみいただいたあとは、スープをお楽しみいただきます。大分産の白葱を使用したポタージュ。 「葱ってポタージュになるの!?」とお思いになられた方も多いかと…。 とてもクリーミーで、白葱の味がしっかり体にしみわたる一品です。 途中に味の変化をお楽しみいただけるようひまわりの種をあしらっています。種の香ばしさとの相性もぴったりな白葱ポタージュです。 そして、もう一つ、味変の提案を。自家製ロデヴパンをポタージュスープにつけてお楽しみいただけます。ロデヴパン(ロデヴはフランスの地名)は一般的なレシピより多めに水を加えて作るハード系の高加水パンで、成形にとても高い技術を要します。通常のパンに比べるとパン生地内に大きな気泡が入っているため、スープなどが染み込みやすい作りに仕上がっています。外はカリッ、中はもちっとした食感で、ポタージュとの相性は絶品。至福のマリアージュをぜひお試しください。   大分県産カンパチのグリル カブの葉のサルサヴェルデ 油の乗ったカンパチを丁寧にグリルしており、フワフワとした食感を楽しみながら…、素材のうまみを逃がさないようグリルしたカブも合わせてお召し上がりください。一口食べた瞬間にカブの甘味がお口に中に広がります。 素材のポテンシャルを最大限に活かし、お客様へご提供する。これこそがGalleria Midobaruレストラン「The Peak」の得意とするところです。   宮崎産和牛フィレ肉と耶馬渓錦雲豚、季節野菜の石窯ロースト 九州産の食材をふんだんに盛り込んだ「The Peak」自慢の一品。 味はもちろんのこと、目でも楽しめる、食欲をそそるプレートです。 牛フィレ肉、錦雲豚ともにジューシーで、素材自身が持つうま味や甘みをしっかりと味わえるよう仕上げています。「The Peak」では、高温で、野菜の水分を逃がさず美味しさをぎゅっと閉じ込めることのできる石窯を使用しています。そんな石窯で調理された地元大分の野菜の数々も合わせてお楽しみください。薬味にはカボス胡椒を。鼻にぬけるカボスの香りとピリッとした刺激が食欲を一層掻き立てます。   レストラン自家製デザート ショコラジェラートと、ブランマンジェというババロアやムースに似た味わいのデザート。デザートカップ上に乗っているのはサクサクとした食感のラングドシャ。アールグレイを使用しています。ジェラートはとても濃厚な味わいですが、散りばめたナッツとフランボワーズやベリーのソースの酸味との調和がとれており、あっさりとお召し上がりいただけます。どちらも、お子様とシェアしながらお楽しみいただけるデザートです。   スマホでもメニューを閲覧可能に この度、店内で新しいシステムを導入しました。卓上のQRコードでFoodやDrinkのメニューを見ることができるようになっています。 QRコードをスマートフォンで読み取っていただくと、メニューのページを開くことができます。 当館ではレストランのみのご利用も承っております。大分別府の旅の楽しみの一つに、ぜひお越しください。九州ならではの食材をふんだんに採用したディナーで、味わい豊かな時間をお過ごしいただけます。 また、コース料理を全てお出しし終わるまでには約2~3時間ほどとなりますので、お絵かきセットなど、お子様がその間、楽しめるものをご持参いただいてもいいかもしれません。   住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU 【営業時間】 ランチ(※火・水曜休み) 11:30 ~ 14:00 (L.O. 13:00) ディナー 17:30 ~ 22:00 (L.O. 21:00) お子様メニューは夕食2,750円(税込) 朝食1,650円(税込) ※事前予約制 電話番号:050-5871-3499(予約専用)・050-3189-0303(問合せ先) 公式HP:https://beppu-galleria-midobaru.jp/ The Peakのみのご予約はこちらから↓ THE PEAK – GALLERIA MIDOBARU – レストラン情報 – TableCheck お子様のプレートご希望の場合はご予約時にリクエストをお願い致します。

18
Jan

Galleria MidobaruのArt Tour(アートツアー)で、心豊かな時間に浸る

ガレリア御堂原で展示されているアート作品をご紹介するアートツアーが、毎日無料で開催されていることはご存じでしょうか。 新進気鋭の注目作家たちの作品が館内の随所に展示されており、アートを楽しみながら宿泊ができると話題のGalleria Midobaru。鑑賞するだけではなく、展示されている作品の背景や製作したアーティストたちの想いや生い立ちなどを知ることで、Galleria Midobaruでの時間をより豊かにしていただきたい。今回は、そんな私たちスタッフの想いが詰まったアートツアーについてご紹介します。   ツアーは毎日開催 ツアーは夕方4時にスタートします。まずはフロントに集合していただき、ガレリア御堂原館内で一番大きな作品からご紹介していきます。天井から吊るされている、光り輝く大きな玉。大巻伸嗣さんの作品で、その名も《Gravity and Grace -ゆだま-》。こちらの作品とその周りにある作品群との関係性や作者の生い立ちなどを解説していきます。ツアーへの期待感が高まる瞬間です。 そこから、フロントにある作品を一つ一つ説明しながら、同時に撮影、映えスポットなどもご案内していきます。作品とともに撮影をしたり、ご自身が作品の一部になれるような楽しみ方などもお伝えしています。鑑賞だけでなくエクスペリエンスも楽しめるツアーです。   さて、階段前にあるちいさな写真を一枚一枚、つなぎ合わせて作られたこちらの作品は、西野壮平さん作。一見すると普通の別府の景色なのですが、近くで見ると、実は数々の面白い写真が並んでいます。全ての写真は別府で撮影されたもので、撮影される方々にも西野さんご自身で*しっかり許可を取り、時間をかけて作られた作品です。また、LEDを使用し、写真を明るくすることで、非常に興味深い現象がおきます。こちらについては、ぜひツアーにご参加いただき、ご自身の目でお確かめください。 *作者の西野壮平さんが、実際に別府各地を回って撮影したもの。人物写真はご自身で地元の方々とコミュニケーションの上で許可を取られたそうです。 一階のアート作品の説明が終了すると、次は二階へとご案内していきます。館内にある「Hot Spring Bar」にも沢山のアート作品が展示されており、一つ一つ丁寧に説明してまいります。こちらの「Hot Spring Bar」ではぜひ、金色の壁にご注目を。アートツアーでその全容をお楽しみください。   屋外にもアートがたくさん~外壁にも注目 次は外へと向かいます。屋外にもさまざまな作品が展示されています。 ガレリア御堂原を覆う壁は、やや茶褐色の荒いざらざらとした手触りになっていますが、あえて、このように味がでるように仕上げています。そして網のようにデザインされている鉄製の格子は別府の街の中にある景色をそのままかたどっており、朝から夜にかけて、日の当たり方によって、その雰囲気はガラリと変わります。 またその他にも、小さなアート作品をそこここで見つけることができます。 アートツアーに参加しなければ、おそらく気が付きにくいと思われるアートが発見できるのも、このツアーの醍醐味でもあります。 壁にあるこちらは、小さな女性がガレリア御堂原を客観的にみている様子を表した作品です。 ツアーでご案内し、初めて気がついたとおっしゃられるお客様がほとんど。 オレクトロニカという名のアーティストが作成したもので、沢山の想いが込められています。ツアー中に詳しくお伝えさせていただいています。実際に作品を眺めながら、その想いにぜひ、触れてみてください。 そこから一階に戻り、見えてくるのが坊主地獄の様子が見られる動画作品。中山晃子さんの作品《メディウム》です。 こちらの作品は、長時間かけて撮影された別府の坊主地獄が沸き上がる様子が、スローモーションになったり、巻き戻されたりと、独特な空気感を楽しむことができ、人間が持つ感覚をゆったりと刺激するアート作品です。 おもしろいことに、雨の日に見ると、水滴が上からしたたる音と、この作品との共鳴がとても心地よく、ずっとここに居たいと思わせてくれたりもします。季節や天候で感じるものが異なったりすることもこの作品の面白いところかもしれません。何も考えずに過ぎゆく時間に身を任せて過ごすことは、普段はなかなか難しいものですが、もしかしたらこちらの空間は自然とそれが叶う場所になるかもしれません。瞑想気分も楽しめるかもしれない、Galleria Midobaruアートツアー。ぜひあなたご自身の感覚でお確かめください。   いざ、レストラン「The Peak」へ 最後はガレリア御堂原のレストラン「The Peak」に向かいます。 こちらにもアート作品が随所に配置されており、まさにアートに満ち溢れたレストランとなっています。 そのなかでも特に興味深い作品が島袋道浩さんの《イワオ》。二階に設置されているテーブルの特等席に座っているこちらの大きな岩です。実はガレリア御堂原を建築している際に発見された岩なのです。長い年月をかけて形成されてきたであろうこの岩は、長年、別府の土の下に身を潜めておりました。私達の大先輩で、別府のことを土の下から見守り続けてきたであろうこの岩はまるで多くのことを知っているかのよう。とてもユニークな作品です。Galleria Midobaruではこの作品と一緒にディナーができるプランもご用意しております。詳しくはお問い合わせください。   さて、約30分ほどのGalleria Midoabruアートツアーはレストラン「The Peak」で終了となります。 アートについてのもりだくさんな情報やその楽しみ方を知ることで、ガレリア御堂原での滞在がより楽しく豊かになることでしょう。ここでお伝えしきれなかったツアー全容は、ぜひ毎夕4時からスタートするGalleria Midoabruアートツアー(参加費無料)にご参加いただき、ご自身の目と耳と感覚でお確かめください。 全て参加費無料となっておりますので、ご宿泊の際には是非ホテルフロントまでお問い合わせください。 住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU(ガレリア御堂原) 電話 : 0977-76-5303 公式HP : https://beppu-galleria-midobaru.jp/

17
Dec

Galleria Midobaru特製、なんにでもディップしたくなる癖になる味。ホットでスイートな“サンバル”のご紹介

サンバルと呼ばれる辛味調味料をご存じですか?耳慣れない、日本国内ではあまり見かけることの少ないこの調味料が2022年にガレリア御堂原で発売されることになりました。 今回は、Galleria Midobaru特製サンバルの楽しみ方を、新鮮な地元食材をふんだんに使用し特注の白レンガ窯で調理した、彩り豊かなランチやディナーをお楽しみいただけるレストラン「The Peak」の品々とともにご紹介いたします。   “サンバル”とは? インドネシア語でSambal, Sambelと発音し、唐辛子、赤タマネギ、ニンニクやトマトなどと合わせて作られる、インドネシア料理やマレー料理などに使用されている辛味調味料のこと。チリソースの一種であり、スイートなものから激辛なものまで多岐にわたります。材料の割合によって自分好みの辛さ、甘さにすることができます。さしずめ日本で言うところの醤油や薬味といったところでしょうか。現地ではナシゴレン(インドネシアのチャーハン)やミーゴレン(インドネシアの焼きそば)、揚げ物のソースとして、または煮物などにも使われている、とてもスタンダートな調味料です。   Galleria Midobaruで味わえるアジアンテイストな調味料 ガレリア御堂原では自家製サンバルの提供をレストラン「The Peak」にて2021年11月末から始めました。 小瓶に入っているこの赤い色をしたソース。こちらがGalleria Midobaru製のサンバルです。 蓋を開けるとニンニクの香りと甘辛い香りがふわりと漂います。 トマトをふんだんに使用した自家製サンバルです。 まずはアペタイザーと併せてお楽しみください。 半分はそのままで、半分は自家製サンバルと共に。 プリプリの姫島車エビがサンバルの甘辛いテイストとよく合います。 こちらのプレートは、宮崎産和牛フィレ肉と耶馬渓錦雲豚 そして野菜は大分産The Peakチョイスの季節野菜石窯ロースト。 こちらの一品にもサンバルを少し… きっと相性の良さに驚かれるでしょう。辛いものが苦手な方でも楽しんでいただけるほんのりピリ辛の甘辛テイスト。癖になる味です。 お代わり自由のこちらのロデウパンもサンバルをディップしてぜひお楽しみください。 (味噌をたっぷり使用した水気の少ないパンで、スープなどにもとても相性のいいパンです)   材料の割合によって、さまざまな味わいのパターンがあるサンバル。ガレリア御堂原で提供している自家製サンバルの基本的なレシピと材料は他のサンバルと変わりませんが、辛味と甘みのバランスがとてもよく、それだけでもお酒がすすんでしまうこと請け合いです。 それだけでいつもの食卓がアジアンテイストに!いつもの食卓をひと味違った食卓に変えてくれるガレリア御堂原の自家製サンバル。2022年の年明けより「The PEAK」にて販売開始の予定です。是非、旅の思い出に、また、ちょっと変わった旅のお土産にお買い求めください。 なお、レストラン「The PEAK」では一足早くこちらのサンバルをお楽しみいただけます。厳選された大分・九州の新鮮な食材とともにぜひ!   住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU 【営業時間】 ランチ(※火・水曜休み) 11:30 ~ 14:00 (L.O. 13:30) ディナー 17:30 ~ 22:00 (L.O. 21:00) 電話番号:050-5871-3499(予約専用)・050-3189-0303(問合せ先) 公式HP: https://beppu-galleria-midobaru.jp/

16
Nov

どこか懐かしさを感じるGalleria Midobaru “Hot Spring Bar”で楽しむ、地酒や国産リキュールの数々

贅沢な自分時間を楽しめるガレリア御堂原。今回のブログは、その二階にある、国産無垢の一枚板を使用した広いバーカウンターと壁面に飾られたアートが目を引く「Hot Spring Bar」からの更新です。 バーで提供しているカクテルなどに用いられている、日本ならではの素材や製法で作られた国産スピリッツや地ビールをご紹介します。 TSUGUMI まずは、麹でつくられたTSUGUMIというカクテルベーススピリッツ。 BARで楽しまれるお酒、特にカクテルベースはジン、ウォッカ、ラム、テキーラなどが有名ですが、TUGUMIはそれらのカクテルベースには属さず、日本酒や焼酎など日本ではメジャーなお酒に必要不可欠な麹をふんだんに使用した新しいスタイルのスピリッツです。日本の発酵伝統には長い歴史があり、その中で生まれたこちらのTSUGUMI。大麦麹だけを使用し作られた100%の全麹造原酒を使用し、発酵は日本のお酒造りならではの平行複発酵(もろみ造りのタンクの中で、米麹による米のデンプンの糖化、その糖分を酵母が分解するアルコール化という2つの反応が同時発生的に行われる発酵のこと)で行われています。 また、日本の香りをより堪能できるよう厳選された5つのボタニカルを使用。大分のかぼすにミント、四国のゆず、瀬戸内のレモン、三ヶ日のみかんの5つを使用することによって和のテイストを豊かに表現しています。すべてのボタニカルは旬の時期に収穫され、丁寧に一つ一つ手作業で加工、新鮮な状態で漬け込まれています。また、それぞれの特徴をより発揮させるため、浸漬も蒸留もすべてボタニカルごとに行われているそうです。じっくり漬け込むことによって薫り高い一本に仕上がるのです。   Hot Spring Barでは、そんな贅沢なスピリッツTSUGUMIを活かした一杯を提供しています。それがこちら。 ブラッドオレンジジュースを使用した真っ赤に染まる赤いカクテルです。 Koji Blood Orange (CHINOIKE) TSUGUMIとブラッドオレンジジュース、そしてアロマティックビターズを使用した別府の観光名所「血の池地獄」をイメージした一杯。 ブラッドオレンジジュースのバランスの良い酸味とTSUGUMIの豊かな香りが口の中でふわっと広がる飲みやすいカクテルですが、アルコール度数はやや高めです。じっくりとお楽しみくださいね。   香立-KODACHI- 続いては、和歌山県で作られているJAPANESE CRAFT GIN、その名も香立-KODACHI-。 和歌山県産素材(スギの葉、ヒノキの木、温州みかんの皮、レモンの皮、山椒の種)とジュニパーベリー(西洋ネズと呼ばれる針葉樹の実)の組み合わせで、とても香り高く仕上がっています。 仕込みはすべて手作業でおこなわれており、梅酒をつくる製法と同じ製法を使用し、蒸留されています。それぞれのボタニカルの香りや特徴を出すため、漬け込むアルコールは無味無臭の純粋なものを使用。バランスよく抽出できたタイミングで原料を引き上げ、素材の香りが移った原液を、時間をかけてじっくりと蒸留。蒸留後は低温で一定期間熟成させます。できるだけ空気に触れないよう細心の注意を払い、やさしく攪拌(かくはん)。そうすることで、素材がもつ個性的な香りや風味を、全て逃さずジンの中へ閉じ込めることができます。   小さいタンクで“小仕込み”される香立-KODACHI-は、スギやヒノキを始めとするボタニカル素材の良さを最大限に引き出すための製法で作り上げられました。その香立-KODACHI-を使用した一杯はこちら。 KODACHI GIN TONIC KODACHIとトニックウォーターのみを使用したシンプルなカクテル。 KODACHIの杉やヒノキの香りがふわっと口の中に広がるとともに、トニックの甘味と炭酸が絶妙。スッキリとしたテイストがお好みの方におすすめの一杯です。   奄美Rum ルリカケス こちらは奄美大島の徳之島にある高岡醸造で唯一作られている純国産のゴールドラム、奄美Rum ルリカケス。 オーク樽で貯蔵されている琥珀色をしたラム酒で、香り豊かでデザートとして飲まれることが多いとか。 ロックで飲むと甘さがとても引き立ちますが、きりっとした喉越しで、後を引かないのが特徴です。ルリカケスという名前は奄美大島の徳之島に生息する鳥の名前からとったそうですよ!   奄美ラムキューバリブレ 奄美Rumとコーラとレモンスライス。 ふんわりと甘い奄美Rumとコーラの風味と炭酸が相性ばっちり。レモンスライスが全体の味をきゅっと締めてくれる、ほっとひと息つきたいときにおすすめの一杯です。   Oita Craft Beer  モンキーマウンテン 最近はやりのクラフトビール。その土地で育てたものを使用するなど、それぞれ特徴のあるクラフトビールが各地で製造されています。アメリカのノースウエストで20年間ビール醸造をしてきたダレン氏が、九州、大分県の水はビール造りに適していると考え、2019年2月に醸造所をオープン。 約15坪ほどの敷地で、酵母からすべて手作りで一本一本仕上げられているこちらのモンキーマウンテンクラフトビール。6種類のビールが製造されています。その中で、Hot Spring Barで楽しめるのは、ペールエール、ポーター、レッドエール、カボスジンジャーエールの4種類。 軽めのビールペールエールは香りが立った、スッキリとした味わい。ポーターはデザートのように甘い、重めの黒ビール。Hot Spring Barのシュークリームやジェラートとのマリアージュをおすすめします。レッドエールはその名の通り、ちょっと赤みがあり、香りは少なめで麦芽の甘味を楽しめるビールです。そして、ジンジャーの香りと鼻からぬける大分県産のかぼすの香りが絶妙なカボスジンジャーエール。夏に飲むとひんやり、冬に飲むと身体がほかほかする不思議なビールです。   そのほかにも、 あまおうフローズンダイキリ カボスフローズンダイキリ サフランジンネグローニ など、特別なカクテルもご用意しています。   ノンアルコールのモクテルでも大分の味をお楽しみいただけますので、お酒が苦手という方もお気軽にお越しくださいね。 別府の繁華街を彷彿とさせる華やかな社交場のような空間 「Hot Spring Bar」で味わえる忘れられない旅先での一杯とともに、あなただけのゆったりとした特別な時間をお過ごしください。   Hot Spring Bar 住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU 【営業時間】 CAFE TIME 12:00~16:00 BAR TIME 16:00~22:30 Hot Spring Barの詳細はこちら

19
Oct

ガレリア御堂原の併設レストラン「The Peak」で、地産地消の石窯料理を味わう

贅沢なプライベート空間が自慢のホテル、ガレリア御堂原。滞在中の贅沢な時間をスパイスアップしてくれるのが、館内に併設されたレストラン「The Peak」でのお食事です。 The Peakという名前には、「鶴見岳の山頂」「旅のクライマックス」「石窯での高温調理」という3つの意味が込められています。彩り豊かな地野菜や九州産肉を特注の白レンガ窯で高温調理し、目にも楽しい料理の数々を提供しています。 それでは、The Peakで味わえる厳選食材をご紹介しましょう。   まずは、ブランド豚肉の錦雲豚(きんうんとん)。 お米を飼料に使いオレイン酸の含有率を高めた大分県産豚肉は、美容・健康への効果と、口いっぱいに広る豊かな旨味が特徴です。その中でも際立つ存在が、大分県中津市にある「福田農園」で育てられた錦雲豚。耶馬溪の大自然の中でのびのびと育った健康豚です。きめ細かで柔らかな肉質が高く評価され、口に入れると思わず顔がほころぶ美味しさ。また、焼酎粕も餌に加えることで脂肪部位を一層上質にし、ほとんど臭みがありません。高温石窯の圧倒的な熱量で調理することで、抜群にジューシーで、うまみと甘味が際立つ一皿に仕上がります。ヘルシーで、冷めても硬くならないのも錦雲豚の特徴。上品な味わいをぜひ体験してください。 2つ目は、数年前からじわじわと人気が高まっているジビエ。 大分県では、山のきれいな水を飲み、おいしいドングリやクリを食べて育ったイノシシ肉やシカ肉が代表的です。The Peakでは、ジビエ専門店の「椿説屋」から新鮮で高品質な素材を直接仕入れ、スタイリッシュな料理に仕立てています。古くからジビエが親しまれてきた地域だからこそ生み出せる上質な味わいは、きっとあなたの想像以上です。   大分の美味しいお肉は、これだけではありません。 大分が誇るブランド鶏、冠地どりは、国内で初めて烏骨鶏を掛け合わせた地鶏です。大分県畜産試験場が4年の歳月をかけて生み出したこだわりのこの地鶏。九州以外では目にすることは稀ですが、その魅力を侮るなかれ。最大の特徴は地鶏とは思えないほどの柔らかさ!子供からお年寄りまで幅広い年代から好まれる肉質を持ちながら、地鶏の強い旨みが活きています。まさに、地鶏のイメージを覆す最高品質のお肉。そんな冠地どりをジューシーに料理し、深い味わいを引き出した一皿を、ぜひご堪能ください。   グリル料理を鮮やかに彩るのに欠かせない、野菜もご紹介しましょう。 大分県臼杵市は農業が盛んな土地で、特に有機野菜の栽培が積極的に行われています。原材料の約8割を草木類、2割を豚糞とした「うすき夢堆肥」で育てた有機野菜を、「ほんまもん農産物」として認証。化学的に合成された肥料を使わず育てた安全安心の野菜のみずみずしい美味しさを、The Peakの洗練された料理で味わってみてください。 風味豊かなシーフードも、The Peakならではのラインアップです。 瀬戸内海の西端に浮かぶ姫島で養殖された最高級のブランド車海老、姫島車えび。みずみずしくぷりっとした食感がたまりません。姫島は豊かな自然と温暖な気候に恵まれ、古事記にも登場するとされる歴史ある島です。 また、冬のThe Peakでぜひ味っていただきたいのが、くにさきOYSTER。 季節限定(※12月頃〜)で出荷されるこの牡蠣は、大分県国東市で養殖されているプレミアムなブランド牡蠣です。すっきりした味わいの中にも甘味や旨味がしっかり感じられ、まさに何個でも食べられる美味しさ。牡蠣好きの人はもちろん、多くの方に一度は堪能していただきたい逸品です。   2020年のレストランオープン当初からシェフを務める今村氏は、国内でフレンチの修行をしたのち、イタリアのフィレンツェ、サルデニア島の名店で修行を積み、料理歴30年を越える実力者。シンプルながら、食材を生かした味わい深い料理の提供を目指しています。シェフが腕を振るった豊富なお肉料理、野菜料理、魚介料理のお供には、世界各地から厳選したワインや、大分県のクラフトビールを楽しむことができます。さらに別府を一望できる最高のロケーションで、お腹も心も満たされる時間が過ごせること間違いなしです。 大分の海の幸と山の幸が楽しめる、ガレリア御堂原のレストラン「The Peak」。アートが散りばめられたスタイリッシュな空間で、ランチタイムやディナータイムを特別なものにしてみてはいかがでしょうか。レストラン内には、お祝いごとなどに最適な個室3室を備え、車椅子でのご利用や、子供連れでのお食事も歓迎です。(子ども椅子、お子様向けメニューあり。)レストランのみの利用や、テイクアウトも可能。気候のいい時期には、出来立ての味をお部屋のテラスでのんびり味わうなど、楽しみ方は様々です。   住所:大分県別府市堀田6組 GALLERIA MIDOBARU 【営業時間】 ランチ(※火・水曜休み) 11:30 ~ 14:00 (L.O. 13:30) ディナー 17:30 ~ 22:00 (L.O. 21:00) 電話番号:050-5871-3499(予約専用)・050-3189-0303(問合せ先) 公式HP:https://beppu-galleria-midobaru.jp/

BOOK NOW

ご宿泊日

1
_泊

ご宿泊人数

1部屋の人数をご入力ください
2
大人_名