FACILITIES

THE PEAK

既存の建物を再生利用しサスティナビリティを考慮したグリルダイニングでは、肉や野菜の素材の良さを引き出したメニューをカジュアルに楽しめます。空間の中心にある特注の石窯は、本質的な質感を添える銅板葺き。内装や家具には九州産の広葉樹センダン材を使用し、壁面は藁すさ入り貝灰墨漆喰で仕上げました。

HOT SPRING BAR

そこに広がるのは、別府の繁華街を感じさせる賑やかで華やかな社交場のような空間。バー厨房壁面には温泉水で変色した真鍮板、バーカウンターの天板には耳付きの国産オニグルミ無垢一枚板を使用。床面は国産オニグルミの無垢フローリングをヘリンボーン張りにして、華やかな印象と確かな質感を作り上げました。

ENTRANCE

分厚い壁を穿った孔を潜ると、ふと日常から切り離され、感覚が研ぎ澄まされるような感覚に。黒い左官研ぎ出し仕上げを施した水盤で静かに循環しながらきらめく水の音と、外周や上部の孔から射し込むグラデーショナルな自然光が、全身を包み込みます。

LOBBY

景色と一体化し、解放感ある吹き抜けのロビー。足を踏み入れれば、水盤や壁に切り取れられ異化された別府の風景、そしてアートとの出会いが待っています。外壁と連続する左官仕上げの壁面、九州産針葉樹型枠で打放され木の質感が残る天井。レセプションには温泉水で変色した真鍮板を使用し、奥行きある表情を添えています。

CORRIDOR

各客室やホテル内の各部門を繋ぐ移動空間は、分厚い壁を穿った孔を潜り抜けてゆくような、別府の「もうひとつの路地体験」。軸線と開口が複雑に連鎖し、周囲や上部の孔から光がグラデーショナルに差し込むなか、シークエンスの連鎖と風景の見えがくれが迷宮に迷い込んだような不思議な感覚を与えます。

OUTER WALL

長年使いこまれたかのような複雑な表情を見せる外壁には、酸化鉄含有コンクリートを使用。敷地の大地を構成する「角礫凝灰岩」層と同質の色味や質感をもつ、大地とのつながりを感じられる造形です。打設の型枠には大分県産スギ無垢材を使い、鋸目、釘跡、製作プロセス、木の粗い素材感まで、すべてをコンクリートのおもてに閉じ込めました。

ROOM

装飾は極力排除し、人の手仕事による温もり、本質的で確かな手触りを追求した客室空間。壁と天井には、サスティナブルな素材「貝灰しっくい」を使用。大きな無垢の石をくり抜いた浴槽、国産ミズナラ材を用いた家具、大分産ヒノキのウッドデッキなど、心地よい肌触りを感じられる素材選びにこだわりました。

施設情報

施設名
GALLERIA MIDOBARU(ガレリア御堂原)
住所
874-0831 大分県別府市堀田5組
TEL
0977-76-5303
FAX
0977-76-5303
MAIL
info@beppu-galleria-midobaru.jp
交通
大分空港より別府駅まで空港バスで約50分
別府ICよりお車で約3分/別府駅よりお車で約15分
駐車場
40台
総部屋数
35室
館内設備
天然温泉 半露天風呂+シャワールーム、温水洗浄便座付きトイレ、薄型テレビ VOD設備・映画無料視聴、冷蔵庫 ミニバー、洗面化粧台、クローゼット、FREE WIFI
開業日
2020年12月18日
BOOK NOW

ご宿泊日

/
/

ご宿泊人数

1部屋の人数をご入力ください
大人

ご予算

1室もしくは1人あたり
まで