果てしなく不確かな現実世界を、私たちの実感に引き寄せようとする作品を展開している。手法やジャンルにはこだわらず、展示空間や観客を含めた状況、導線を重視。創作方法は、現在の中心メンバー (アーティスト荒神明香、ディレクター南川憲二、インストーラー増井宏文 )の個々の特徴を活かしたチーム・クリエイションで取り組み、発想、判断、実現における連携の精度や、精神的な創作意識の共有を高める関係を模索しながら活動している。
主な活動に、「たよりない現実、この世界の在りか」(資生堂ギャラリー、東京)、「おじさんの顔が空に浮かぶ日」(宇都宮美術館 館外プロジェクト、栃木) 、「奥行きの近く」(目 In Beppu、大分) 、「非常にはっきりとわからない」(千葉市美術館、千葉)など。

Comments are closed.

BOOK NOW

ご宿泊日

1

ご宿泊人数

1部屋の人数をご入力ください
大人
2